Freetelの料金プラン

Freetel(フリーテル)のMVNO

東京都港区に本社がある、新しい携帯電話端末、主にスマートフォンを開発し販売し、「FREETEL SIM」ブランドのMVNO事業を展開するITソリューション企業、MAYA SYSTEMのブランドです。現在MVNO事業は楽天モバイルに統一されています。

Freetelの料金システムは、モバイル端末販売代理店などで、データ通信に必要なSIMカードを購入し、Freetelブランドの端末やSIMフリースマートフォンに取り込み、利用する形となります。簡単に携帯電話番号を乗り換えるだけで、通信出来る便利なMVNOデータ定額プランを提供しています。独自のFreeteブランドのスマートフォン、Wi-Fiルーターなども提供しており、株式会社 MAYA SYSTEMがサポート業務を行っています。

定額で使いたい場合には、スマートコミコミ+月額基本料金での支払いがおススメです。スマートコミコミとは、36ヶ月の一括契約で、それを月割の方式で月に分けて36回、毎月料金を払う設定です。契約開始から12ヶ月経過した後は、残債の支払いが無くても機種変更可能です。そうだとしても、このプランはかなり割安なので、大きな特徴を2つ以下にご紹介します。

1.豊富なデータ定額プランで、機種別に選べる特徴

データ容量とは使える通信量のことですが、Freetelでは1GB、3GB、5GB、8GB、10GB、20GBの6種類から選べます。契約機種ごとに料金は異なりますが、1GBでは初年度利用で2,180円から、2,980円といった価格帯で提供れています。

例えば最も高い料金設定のHUAWEI P10 スマートフォン20GBの場合でも、初年度手定額プランは7,280円です。

2.利用頻度の低い実用的な、使った分だけ安心プランも充実

こちらは、100MBまでからと、1GBまで、3GB以内、5GB以内、8GB以内、10GB以内、20GB以内と、8種類のプランです。最も安いFreetelブランドのMAYA SYSTEM FREETEL RAIJINスマートフォンを使った100MBまで使えるプランでは、初年度費用は定額1,999円と2,000円を切る料金です。

割り切って使うなら、ドコモ回線を使った定額プランがお得

1ヶ月の通信量がデータ専用、つまりインターネットだけの利用なら、1GBでは月額基本料は、僅か499円です。データ容量は最大50GBまで契約できるので、通話とインターネット専用端末を分けて使うといった場合は、このプランは非常に便利で割安です。他にも、「使った分だけ安心プラン」では、最大20GBまで使え、データ専用なら、20GBまでなら、月額基本料金は4,870円と良心的な価格設定になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です