スマモバの料金プラン

MVNO事業業界初の、LTE使い放題プラン

スマモバの定番人気プランは、メールで300通、WEBなら5万2,000のサイト接続が可能な5GBプランです。代表的な動画サイトも約73時間の連続閲覧が可能です。基本月額料金も標準的ですが、スマモバの料金プランで注目なのは、通信量制限があったとしても、LTE回線で1日使える、「LTE使い放題プラン」でしょう。

NTTドコモの回線を使い、FOMAエリアもカバーしているので、大手キャリア端末と遜色ない性能を期待できます。料金は音声通話付きSIMカード単体で月額3,480円、スマートフォンセットは音声通話がついたSIMとセットで、月額3,980円です。NTTドコモのLTE周波数は800MHzで、地下街やビルに囲まれた都心部でも、繋がりやすい特徴があります。

月額料金を抑える1GB単位の利用プラン

「ライト」、「スタンダード」、「プレミアム」の中からプランが選べる、別名「スマートチャージ」の1GBプランは、スマートフォンの利用頻度が少ない人には、非常にお得な料金設定となっています。どのプランでも容量1GB利用範囲であれば、一律1,580円です。2Gまでは、一律で追加1,000円上がって2,580円ですから、ハードユーザーでなければ、通信費を安く抑えることが出来ます。

こちらの回線も、「LTE使い放題プラン」と同じ、NTTドコモのLTE回線です。もちろん、こちらもSIMカード単体で、対応した自分のスマートフォンに使えます。よりハードなスマートフォン・ユーザーなら、「LTE使い放題プラン」、あるいは1日3GBが利用できる月額4,480円固定の「スマモバ(S)GIGA PREMIUM」の利用が良いでしょう。

高速大容量、大手キャリアと遜色なしのギガプレミアム

「スマモバ(S)GIGA PREMIUM」は1日3GBまでなら、基本月額4,480円で提供しております。これは、ほとんどキャリア端末と変わりがないと言えます。3GBはどれくらいの容量かというと、LINE無料通話なら1日166時間分、標準画質のYouTubeなら1日約12.5時間も楽しめるようです。データ専用SIM単体と、データ専用SIM、Wi-Fiルーター、タブレットセットの2種類を提供しています。いずれにせよ、大手の通信周波数を使えるのは、MVNOとしては注目ですね。